頭髪にもメリットいっぱい!の亜鉛について調べました。

サプリメント

たまには、単にフィンペシア、ミノキシジルタブレットの服用経過報告だけではなく、ブログっぽいこともやってみようかなと思います。気が向いたら、これからも時々書いてきます。今回は、私も現時点(2019.7.11)で服用始めてから25日たち、一体どんな有効成分があるのか気になっていた「亜鉛」について調べましたので、報告します。

まず、亜鉛とは?

亜鉛は、成人の体内に約2g含まれています。主に骨格筋・骨などにある成分なのですが、皮膚、肝臓、膵臓、前立腺などの多くの臓器にも存在していて、さまざまな酵素の構成要素、特にタンパク質の合成に関わる酵素の材料として使われます。

亜鉛は、すべての細胞に存在しているため、食品でいうと、肉・魚介・種実・穀類などに多く含まれています。

人間の体に必要とされている必須ミネラル16種に含まれていますが、体内で作り出すことができないため、上記のような食品から摂取する必要があります。もちろん、不足することは体に良くないので、さまざまな症状を起こすことがあります。

1日にどれくらい亜鉛の摂取すればいいの?

2015年版の日本人の食事摂取基準によると、1日の摂取推奨量は18~69歳男性で10mg、70歳以上男性で9mg。

女性の場合、18~69歳女性で8mg、70歳以上女性で7mgとなっています。

また、通常の食事による亜鉛の過剰摂取の可能性は低いですが、サプリメントなどによる過剰摂取の結果、銅欠乏、貧血、胃の不調など様々な健康被害が生じることが知られているため、耐容上限量は18~29歳の男性で40mg、30~69歳の男性で45mg、70歳以上の男性で40mg、18歳以上の女性で35mgとされています。 ご注意ください。

亜鉛が不足するとどうなるの?

亜鉛が不足すると、たんぱく質やDNAの合成がうまく行えなくなり、成長障害が起こります。

また、亜鉛は味を感じる味蕾細胞の産生に必須であるため、亜鉛不足になると味を感じにくくなる味覚障害になる可能性があります。その他、貧血、食欲不振、皮膚炎、生殖機能の低下、慢性下痢、脱毛、免疫力低下、低アルブミン血症、神経感覚障害、認知機能障害など、さまざまな症状が現れるそうです。

植物性食品に多く含まれる食物繊維やフィチン酸(抗ガン作用が報告されてる成分なんですが)などは、 亜鉛の吸収を阻害するそうです。また、加工食品に多く含まれる食品添加物もまた、亜鉛の吸収を阻害し、亜鉛欠乏となる場合があります。例えばカップラーメンやスナック菓子には亜鉛やカルシウムの吸収を阻害する「リン酸塩」が含まれているため、食べ過ぎると亜鉛が不足します。基本的なことですが、特定の食品に偏った食事をしないよう、心がけた方がいいですね。

ここ数年、特に若い世代で、食生活の乱れによる亜鉛欠乏が原因で 味覚障害を訴える人が増えてきているそうです。そのほか、アルコールの摂取により、亜鉛の排出量が増加するので、注意が必要です。

逆に、亜鉛を過剰摂取するとどうなるの?

亜鉛を過剰摂取することも、体に良くないので注意が必要です。サプリメントの不適切な利用などによる亜鉛の過剰摂取により、銅の吸収阻害による銅欠乏、吐き気、嘔吐腎障害、免疫障害、上腹部痛、消化管過敏症、 HDLコレステロールの低下、低銅血症、下痢などのおそれがあると言われています。

亜鉛を多く含む食品・食べ物

一般的にカキに多く含まれているというのは、よく耳にしますよね。他にはどんなものがあるでしょうか?

食品亜鉛含有量100gあたり
亜鉛含有量
牡蠣60 g / 5粒7.9 mg13.2 mg
豚レバー70 g4.8 mg6.9 mg
牛肩ロース(赤肉、生)70 g3.9 mg5.6 mg
牛肩肉(赤肉、生)70 g4.0 mg5.7 mg
牛もも肉(生)70 g2.8 mg4 mg
牛レバー70 g2.7 mg3.8 mg
鶏レバー70 g2.3 mg3.3 mg
牛バラ肉70 g2.1 mg3.0 mg
ほたて貝(生)60 g / 3個1.6 mg2.7 mg
米飯(玄米)150 g / 茶碗1杯1.2 mg0.8 mg
うなぎ80 g / 半尾1.1 mg1.4 mg
米飯(精白米)150 g / 茶碗1杯0.9 mg0.6 mg
木綿豆腐150 g / 半丁0.9 mg0.6 mg
たらこ25 g / 半腹0.8 mg3.1 mg
カシューナッツ
(フライ)
15 g / 10粒0.8 mg3.1 mg
納豆40 g / 1パック0.8 mg1.9 mg
煮干し10 g / 5尾0.7 mg7.2 mg
アーモンド(フライ)15 g / 10尾0.7 mg4.4 mg
卵黄16 g / 1個0.7 mg4.2 mg
そば(ゆで)180 g / ざるそば1枚0.7 mg0.4 mg
プロセスチーズ20 g / 1切れ0.6 mg3.2 mg

一般社団法人日本臨床栄養学会:亜鉛欠乏症の診療指針2016より引用改変

こうやってみると、なかなか食事だけで、1日に必要な量を摂取するのは、難しそうですね・・・。

亜鉛と髪・抜け毛の関係は?

皮膚や髪は、タンパク質からできています。亜鉛を摂取することで、タンパク質の代謝を促し、皮膚や髪のトラブルを改善します。皮膚や髪は新陳代謝が速いペースで行われるため、亜鉛を積極的に摂ることで美肌・美髪効果につながります。

また、亜鉛には抜け毛の要因となるジヒドロテストステロンを作り出す5αリダクターゼをの活動を阻害する働きがあり、抜け毛の予防に有効な栄養素です。プラスしてフィナステリドやノコギリヤシ、ミノキシジルなどと併用することで、抜け毛対策により効果を発揮します。

その他、ネットで拾った情報ですが・・・

よくある噂レベル、の話に聞こえますが、上記と照らし合わせても、まんざら間違ってはいなさそうな情報、あげてみます。摂取量の表記が違ってたりしますが、まあおおよそこのくらいの量、摂取した方がいいのではないでしょうか。

  • 現代人は慢性的な亜鉛不足で意識して体外から摂取しなければならない
  • 亜鉛不足は、抜け毛や白髪の増加などを招き、結果的に薄毛につながる
  • 亜鉛は消費し排出される機会が異常に多い
  • 吸収率も低く、薄毛改善を目指すには推奨量よりも多くの亜鉛を摂取したほうがいい(1日20~40mg)
  • 1日に必要な亜鉛の量が15mg。そのうち射精すると約7mgの亜鉛が失われるから亜鉛不足で禿げるらしい(ハゲは変態って言われる理由がこれ) 
  • 亜鉛不足だと男性ホルモン上がるみたいよ

まとめ

やっぱり、ハゲ予防、又はハゲてきた人にとって亜鉛は必需品のようですね。 摂取方法は、やはりマルチビタミン、ミネラルのサプリメントで亜鉛の不足分を補充する、というやり方が手っ取り早いのではないでしょうか。 特に最近、薄毛が目立ってきたなと思う方は実際に摂取してみてはどうでしょうか。 もちろん取り過ぎては駄目ですよ。

ちなみに私が飲んでるのは、これ。

1日摂取量の1粒で、亜鉛14mg、銅0.6mg、セレン23μgが入っています。私は近所のドラッグストアで書いましたが、まあネットで買っても価格は同じくらい、です。60日分で400円しない価格なんで、気軽に始められますので是非。最後に、今日の頭頂部画像で〆たいと思います。ではでは。

第87日目。間も無く3ヶ月経過です。
タイトルとURLをコピーしました